ビットゴールド(Bit Gold) ~ビットコイン以前に提案された非中央集権的な金融システム~

ビットコイン

ビットゴールド(Bitgold)とは

ビットゴールド(bitgold)とは1998年にブロックチェーン開拓者であるNick Szaboという人物によって提案された非中央集権のデジタル通貨の試みです。ビットコインプロトコルの前身と見られています。

Bitcoin(ビットコイン)とBitgold(ビットゴールド)~類似点と相違点~

トランザクションの処理や非中央集権的なネットワークを安全にする方法が似ていると言われています。

ビットコインとの類似性

ビットゴールド(Bitgold)はトランザクションの処理には計算能力で暗号パズルを解いたもの同意とするアルゴリズムである、Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)を採用していました。解かれたパズルはビザンチン将軍問題が発生しないようにPtoPのネットワークに発信され、最終的に、暗号化されたハッシュチェーンとなり最新のパズルの解の結果として紐づけられます。その紐づけをもってトランザクションブロックの検証となります。

トランザクションの承認依頼から承認を得て、新しいブロックが追加されるプロセスはビットコイン(bitcoin)とビットゴールド(bitgold)で同じものになります。

ビットコイン(bitcoin)との相違点

ビットゴールド(bitgold)は2重支払いの対処方法が異なりました。ビザンチン将軍問題を計算能力高さではなく、ネットワークアドレスのQuorum(定多数)に拠り所とした点が大きく異なりました。これがきっかけでビットゴールド(bitgold)はシビル攻撃と呼ばれる一人のユーザーが複数のネットワークアドレスを持ち、複数の場所にいるように見せかける攻撃に弱くなってしまいました。
ビットコインプロトコルはビットゴールドの欠点を理解して今日の支持を得ました。

なぜビットゴールド(bitgold)は作られたか?① ~非効率な金融の運営体制を解決するために~

1998年に、当時の伝統的な金融の非効率運用体制が発奮材料となり誕生しました。

Szaboは伝統的な金融機関が金融関係者たちに信用の有無を確かめるために多くの時間を割くように求めるていることを発奮材料として指摘しました。信用ベースの取引は詐欺や盗難などの機会を拭い去ることができません。

例えば、金融関係者がお客さんを信用してローンを組むとします。その際に金融サイドは同意したペースと金額でローンが返済されるかを懸念し、ローンを組んだ客側は自分の組んだローンや返済がされた金額が流用されないかを懸念します。結果として、両者ともに契約した内容が履行されているかに多くリソースが割かれてしまいます。

上のようなシステムを打開するためには何ができるか、というのがSzaboを奮い立たせたのでしょう。

ビットゴールド(bitgold)は信用が伝統的な金融よりも必要のないTransacitonモデルを導入しました。彼はビットゴールド(bitgold)について以下のように述べています。

セキュリティーと金の主な特性である非中央集権的な信用をサイバー空間で真似できるように試みたました。

また未だ健在の彼は2015年のビットコイン投資家向けのカンファレンスでも彼はビットゴールド(bitgold)の目的を全ての金融関係者とその利害関係者の脆弱性を最小化するソフトウェアであるとも言いました。

なぜビットゴールド(bitgold)は作られたか?②~通貨としての貴金属への疑問~

ビットゴールド(bitgold)は金のような偽造不可能な特性をもった経済的な財産を複製する試みでもありました。

Szaboは金は歴史的に安全に欠く資産であると主張しています。例として以下の2つを上げています。1つ目はスペインのアステカの略奪とイギリスのスペイン略奪を上げて金は力によって獲得されたことです。2つ目は1933年のフランクリン・ルーズベルト政権の際に全てのアメリカ人に多くの金を差し出すように要求したことです。

ビットゴールド(bitgold)は暗号化のような漸進的なコンピュータサイエンスをを活用した新しく、信用のあまり要らない金融システムとして革命的でした。提案された非中央集権的なネットワークは個人に金では実現しえなかった金銭的な主権を与えました。

ビットゴールド(bitgold)によって提案された恩恵

ビットゴールド(bitgold)の信用のあまり必要ない金融モデルは前例のない恩恵をユーザーに提案しました。特にSzaboは以下の2つの代表的な特徴を構想化しました。

ビットゴールド(bitgold)の恩恵①~金融機関からの独立~

ビットゴールド(bitgold)のトラストレスで非中央集権的なネットワークを通じて、ユーザーは金融機関の信用、支払いなしでトランザクションを管理することができます。管理できる主な理由は以下の2つです。

  • ビットゴールド(bitgold)のネットワーク自身が正確にユーザーの口座情報を管理、追跡でき正当なトランザクションを処理する機能を提供しているから
  • ユーザーは金銭的な主権をもっています。つまり政権などに資産を脅かされることはないから

上の2つの組み合わせがトランザクション、お金の収集を独立して可能にして、金融機関からの独立を実現させています。

ビットゴールド(bitgold)の恩恵②~国境を超えたオペレーション~

伝統的な金融機関は多くの外部との連携を持たないに自己中心的な孤立したシステムを多く持っています。国境を超えた送金をするプロセスは2,3日から1週間を要します。この原因になっているのは銀行が融通の効かない、規制に従ったプロセスを経るためです。ビットゴールド(bitgold)は上のような煩わしいプロセスを取り除き数分で国境を越える取引を可能にします。これはビットコイン(bitgold)も同じです。

まとめ

  • ビットゴールド(bitgold)は一番最初に提案された実現可能な非中央集権的な金融ネットワークだった。
  • Nick Szaboは伝統的な金融の非効率さと貴金属の通貨としての使用について知ってからビットゴール(bitgold)を思いついた
  • ビットゴールド(bitgold)のビジョンをよく理解した人間がビットコイン(bitcoin)のプロトコルを作成したために構造がとても似ている

以上になります。ちなみにSzaboは1998年にビットゴールド(bitgold)を思いついてから、約10年間かけて、より今日のビットコイン(bitcoin)の構造に近づけるようにBrush upしていきますが丁度、10年たったころにサトシナカモトのホワイトペーパーが公開されます。Szaboのビットゴールドは実装されることなく理論だけで終わっているのが現状です。諸説ありますが、ビットコインとビットゴールドの構造がよく似ていることからサトシナカモトの候補としてSzabohは上げられますが真相は未だ分かっていません。

ビットコイン登場以前の提案されたシステム
B-money(ビーマネー)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA