暗号資産界の影響力がある人のトップ100 -その2-

本投稿は以下の投稿の続きになります。まだ、その1を読んでいない方は是非、こちらもご確認ください。

では早速26位から。

Contents

ブランドン・チェズ – CoinMarketCapの創業者

チェズは世界一の暗号資産情報サイトCoinMarketCapの創業者です。CoinMarketCapのWebサイトでは、暗号資産の時価総額、取引所のデータとランキングなどの情報を提供しています。
同サイトの情報を元に動くトレーダーも多いため、このサイト自身が暗号資産市場に大きな影響を与えています。

ブロック・ピアース – Block.one/Tether/Blockchain Capitalの創業者

ピアースは多くの暗号資産プロジェクトを成功させてきました。2013年にはブロックチェーン関連企業に投資する初めてのベンチャーキャピタルであるBlockchain Capitalを設立。2017年にEOSの開発、資金調達とローンチを率いました。EOSのICOはBlockchain CapitalとBlock.oneを通じて行われ、4.1億ドルの資金調達することに成功しました。

マシュー・ローザック – Bloqの共同創業者/会長

ローザックはブロックチェーンのエンタープライズ系ソフトウェアをBloqの共同創業者で現会長です。ローザックはアメリカ議会やFRBの前でブロックチェーンを称賛したことからブロックチェーンのソートリーダーとして理解されている。また、Tally Capitalというブロックチェーン投資会社の共同設立者で、ローザック自身1億ドル以上もの投資を行ってきた。その中にはBlock.one、CivicやQTUMなどがある。

リビオ・ワン – フォビGlobalのCEO

ワンはシンガポールを拠点に活動している世界最大級の暗号資産取引所のフォビGlobalのCEOです。ワンはフォビGlobalのCEO就任前は、Jiedaibao(借貸宝)というPtoPのレンディングプラットフォームのシニアマネージャーを務めていました。

オラフ・カールソン=ウィー – Plolychain CapitalのCEO/創業者

カールソン=ウィーは世界初の暗号資産のヘッジファンドPlolychain Capitalの創業者です。彼がPlolychain Capital前は、Coinbaseで働いており、Coinbaseでは入社してすぐにヘッドオブリスト & プロダクトマネージャーになりました。

N.G. チャン – Canaanの創業者/CEO

チャンは世界で2番目に大きいビットコインマイナー製作者のCanaanのCEOです。2019年11月に同社はIPOの正式な申請をしました。チャンはCanaanを立ち上げる前は北京大学の博士過程を目指していました。

サム・マッキンベール – Coinbase CustodyのCEO

彼は金融機関が安全に暗号資産に投資するのを助けるインフラの構築を行っているCoinbase CustodyのCEOを勤めています。

ヴィニー・リンガム – CivicのCEO

リンガムはブロックチェーンを用いたデジタルアイデンティティマネージメントサービスを提供するスタートアップのCivicのCEOです。リンガムは直近でBitgoと共同で作ったマルチシグで守られたウォレットをローンチしました。Civicの前、彼はGyftという会社のCEOを務めていました。

ステファン・ペアー – BitPayの創業者/CEO

ペアーはBitPayというビットコインの支払い処理サービスを業者に提供しています。BitPay以前に彼は、IBMでシニアソフトウェアエンジニア兼開発マネージャーとして働いていました。

ギャビン・ウッド – Parity Technologiesの創業者

ウッドはParity Technologiesという世界でもっとも著名なブロックチェーン開発会社の創業者である。Parity Technologiesを創業する前、ウッドはイーサリアムの共同創業者兼CTOを勤めていました。

エリック・ボーヒーズ – ShapeShiftの創業者/CEO

ボーヒーズはWebとモバイルで様々なデジタルアセットをグローバルに交換できるShapeShiftという会社のCEOを勤めています。ShapeShiftの前は彼は、BitInstantのマーケティング&コミュニケーションのヘッドのポジションで働いていました。またSatoshiDice(サトシダイス)というブロックチェーンベースの博打ゲームの部分的なオーナーでもありました。

ジェシー・パウエル – Krakenの創業者/CEO

パウエルはクラーケンというアメリカを拠点に活動している取引所のCEOです。Krakenの創業前、パウエルは10年間いくつかのベンチャー企業を設立などを行ってきました。

リカルド・スパーニ – モネロのリードメインテナー

スパーニはファンジビリティ(交換可能性)のプライバシーに焦点を絞った暗号資産であるモネロプロジェクトのリードメインテナーです。また、彼はTariというオープンソースブロックチェーンプロジェクトの共同創業者でもあります。Tariはビジネスサイドがロイヤリティーポイントやトークンの発行を可能にするサービスです。

ネイク・コドリッチ – Bitstampの共同創業者/CEO

コドリッチは世界最大級の取り引きボリュームを誇るBitstampのCEOです。Bitstamp以前は、コドリッチはGSračunalnikiというコンピュータのハードウェアとITコンサルする会社の共同創業者でマーケティングディレクターをしていました。

マイケル・アーリントン – アーリントンXRP Capitalの創業者

アーリントンはアーリントンXRP Capitalというデジタルアセットマネージメント会社を設立しており、現在までで1億ドル以上投資金を集めています。彼はTechCrunchの創業者/前共同編集者を勤めていた経緯から彼のブログはテックやスタートアップのことをトピックが多いです。

ジェイムソン・ロップ – CasaのCTO

ロップはビットコインのマルチキーセキュリティとライトニングネットワークノードを提供するCasaのCTOです。2019年にCasa Covenantっというサービスをローンチしました。同サービスはビットコインの所持者が亡くなった際にビットコインを親族などに送るツールです。また彼はSatoshi.infoというビットコインノードのリアルタイムスタッツが見れるサイトも提供しています。

バリー・シルバート – Digital Currency Groupの創業者/CEO

シルバートはグローバルの金融システムを崩壊させる会社の資金調達、インキュベート、立ち上げを支援するDigital Currency GroupのCEOです。また彼はビットコイン投資信託(Investment Trust)を作ったり、SecondMarketという企業が資金調達するプラットフォームを創設したりしています。

ジェレミー・アライア – Circleの創業者/会長/CEO

アライアはCircleという資金調達とビジネス構築の企業向けブロックチェーンプラットフォームを提供している会社のCEOです。以前は、Macromediaという会社のCTOを勤めていました。

エリザベス・スターク – Lightning Labsの創業者/CEO

エリザベスはブロックチェーン開発スタートアップのLightning LabsのCEOを勤めています。彼女は以前は、スタンフォード大学とイェール大学でインターネットの将来について講義をしていました。

ピーター・ウィール – Blockstreamの創業者

ウィールはBlockstreamのエンジニア兼創業者です。同社は金融構造に焦点をあてたブロックチェーンテックの会社です。ウィールはBlockstreamを創業する前はグーグルのエンジニアとして働いていました。またウィールはセグウィットやLibsecp256K1などのビットコイン技術発展の草案への大きく貢献していることでも有名です。

ドミニク・シーナー – IOTAの共同創業者/IOTA財団の共同会長

シーナーは機械同士の支払いに特化したIOTAの共同創業者です。シーナーは多くの非中央集権化のプロジェクトに参画しております。

アーサー・ヘイズ – BitMexの共同創業者/CEO

ヘイズはトレーダーにビットコインデリバティブ取引を可能にする暗号資産取引所、BitMex(ビットメックス)のCEOです。ビットメックスを創業前にヘイズは、ドイツ銀行のシンセティックイクイティトレーダーとして香港に異動していました。その異動先でシティバンクにデルタワントレーダーとして参画してアジアETFオファリングのヘッドトレーダーとして働いていました。

エリック・ラルケベック – Ledgerの共同創業者/CEO|Coinhouseの共同創業者/CEO

ラルケベックは有名な暗号資産ハードウォレットを提供しているLedgerのCEOです。また彼はCoinhouseというフランスで初めてデジタル資産サービスプロバイダーを得た会社のCEOも勤めています。

チャールズ・ホスキンソン – IOHKの共同創業者/CEO|カルダノの共同創業者

ホスキンソンはPtoPの金融サービスを提供しているIOHKのCEOを勤めています。また彼はCardanoの共同創業者です。IOHKとカルダノ以前に彼はイーサリアムの共同創業者であり元CEOでした。また2013年に彼は暗号資産リサーチグループを設立しました。

ボビー・リー – BTCChinaの共同創業者/CEO

リーはチャーリー・リーの兄弟で、BTCchinaのCEOです。
リーは現在ビットコイン財団の取締役を勤めています。また以前彼は、マイクロソフト、IBM、ウォルマートなどの会社のハイレベルなテックポジションで働いていました。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA