Google検索アルゴリズム、自然言語処理モデルBERTをアップデート!~2019/10/25~

Googleはこの5年の中で最も重要な検索アルゴリズムの発表しました。今回のBertアップデートは検索クエリの10%に影響を与えるようです。

BERTってなに?

BERTは今、Googleが最も力を入れているアルゴリズムの一つです。このBERTのアルゴリズムは前後の文脈から言語を理解して検索者の需要を満たす結果を返すように最適化されていきます。このアップデートが進めば音声での検索に対しての最適化な結果を返せる日が来るかもしれません。

会話の中で利用される言葉、前後の関係で音声検索しているユーザーに対して最適な検索結果を返すための最適化が続いています。
ちなみにBERTはBidirectional Encoder Representations from Transformersの略です。

今回のBERTアップデートの影響範囲は?

全体の検索の10%が今回のアップデートの影響を受けます。基本的にこの手のアップデートは英語から始まります。日本語への影響は少し遅くなるかもしれませんね。
BERTのアップデートはGoogleが検索クエリをより良く理解するようになりました。
その対策として運用者はWebサイトに使用するワーディングがとても大事になりました。より正確な言葉遣いをしないと今回のアップデートの恩恵を受けることが出来ないかもしれません。

余談ですがGoogleの検索を多くのユーザーに利用されて毎日10億以上の検索が行われており、その内15%の検索クエリが今まで検索されたことのないものだそうです。このような検索需要に応えるために改善を続けるGoogleのアルゴリズムのアップデートは見逃せないですね。

BERTの理解を深めるための必読ドキュメント

上にも書きましたがBERTとはGoogle開発を進めている自然言語処理の最新技術で、言語表現事前学習の新しい方法です。例えるならWikipediaのようにテキスト情報が多く格納されている例文集のようなものを多く読み込み学習に活かしより、学習を早める方法です。
より理解を深めるためのお勧めのドキュメントは以下の通りです。

・BERTの学術論文
https://arxiv.org/abs/1810.04805

・BERTの学習済みデータを公開するGithub
https://github.com/google-research/bert

・BERT発表時のGoogleブログ(2018年11月
https://ai.googleblog.com/2018/11/open-sourcing-bert-state-of-art-pre.html?m=1

追記

2019/10/31

Bertに関する混乱が広がったためにGoogleのDanny SullivanはBERTはパブリッシャー(メディアやブログ)などはBERTのために最適化することはないと断言しました。

このBERTのアップデートはあくまで検索エンジンが前後の文脈に合わせた結果を返すようになったアップデートであり、そのためにパブリッシャー側が何か特別に変更する必要はないようです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA