【図解】Googleアナリティクス4の設定方法

Google Marketing Platformより

10月14日にGoogleアナリティクスが大幅にアップグレードされて公開されました。新しいGoogleアナリティクスはGoogleアナリティクス4という名称です。

今回のアップデートでユーザーはどのようなメリット享受できるかやGoogleアナリティクス4の設定方法を解説します。

Googleアナリティクス4は従来のものと何が違うの?

以下の2つが大きな違いのようです。

マーケティング担当がより良い決断するためのインサイトの提供

Google Marketing Platformより

機械学習により未来のユーザー行動を予測して、マーケターにアラートを上げてくれます。 例えば、獲得したチャネル毎にチャーンレート予測とLTVを共有することでどのビジネスインパクトの大きさなどを正確に予測した上でマーケティング施策を検討、実施することができます。

ユーザーにフォーカスした分析指標

GA4ではユーザーの獲得だけではなく、ライフサイクルやリテンションなど長期でユーザー行動を計測する指標が多く追加されています。

Google広告やその他のGoogleプロダクトとの連携することでより、長期的にユーザーの行動を観察する機能が多く提供されています。

Googleアナリティクス4の初期設定方法

Googleアナリティクス4を使用開始するには、GA4のタグを実装するところから始まります。

既にユニバーサルアナリティクスで計測している方とgtag.jsで計測している方で実装方法が異なります。本稿ではユニバーサルアナリティクスで計測されている方へ向けにGA4タグの実装方法を共有します。

設定の注意点

Google Marketing Platformのブログにも記載があるのですが、既存のGoogleアナリティクスとGoogleアナリティクス4は計測しているプロパティが微妙に異なりますので、既存のGoogleアナリティクスから乗り換えるのではなく、共存する形で管理するのが望ましいでしょう。

ユニバーサルアナリティクスユーザー向けのGA4のタグ設定方法

新しいプロパティを作成するところから案内します。測定対象はウェブです。

プロパティを作成をクリック。

プロパティ名、タイムゾーン、通貨を入力して次へをクリック。

業種、ビジネスの規模、利用目的を入力後、作成をクリックする。

ウェブをクリック。

ウェブサイトのURLと任意のストリーム名を入れてストリームを作成をクリック。

以下のような画面が表示されます。Goolgeタグマネージャーを利用してGoogleアナリティクス4のタグを発火させます。なので右上にある測定IDをコピーして、Googleタグマネージャーを開きます。

タグの画面を開いて、新規をクリック。

タグの名前を入力後、タグの設定をクリック。すると右からタグタイプの選択という画面が出てくるので、Googleアナリティクス:GA4 設定をクリックする。

計測IDに先ほどコピーしたIDを入力。トリガーはAll pageを選択して保存。

変更を公開。

試しにリアルタイムの画面を確認してみると良いでしょう。右下にはどのページを見たかと、イベントが計測されています。

Googleアナリティクス4でのコンバージョンの設定方法

今回はURLにthanksが入るthanksページのコンバージョン設定を例に解説します。

イベント > すべてのイベントのページに移動します。イベントを作成をクリックします。

作成をクリックする。

CV設定したいイベントがページビューであること、そのページURLを指定します。

  • パラメータ: page_location 値: thanks
  • パラメータ: event_name 値: page_view

上を入力後、保存をクリック。

コンバージョンにしたいイベントのコンバージョンとしてマークをつけるをクリックして青く点灯させる。

作成したイベントが以下の画面に表示されるまで時間がかかる場合があります。

トラフィック獲得に移動して、コンバージョン列の▼をクリックして先ほどの設定したコンバージョンを設定するとコンバージョンが見れます。

Googleアナリティクスの将来

Googleアナリティクスは今までユーザーベースではなく、セッションベースであり、ユーザーではなくページの計測をメインにしたツールであると理解していましたが、今回のアップデートで感じたのは以下のことです。

  • GAはユーザーにフォーカスを当てた分析ツールになろうとしている
  • GAでより機械学習を活用

上の2つを洗練していくことでCookieが取れない時代に合わせたサービスを提供していくとのことです。

参考
https://blog.google/products/marketingplatform/analytics/new_google_analytics/
https://blog.google/products/marketingplatform/analytics/take-control-how-data-used-google-analytics/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA