杉並区とイーサリアムが好き。 ブロックチェーンと仮想通貨について書く!

CLS銀行とは? ~外為決済のリスク対策の銀行~

CLS銀行は外為取引決済の限られた目的にためにニューヨークに設立された銀行です。
世界の69の主要な金融機関に共同出資で設立しました。
外為取引を行う際のタイムラグで生じる決済リスク(ヘルシュタットリスク)を回避できるCLS決済を行うための銀行です。

0

BraveソフトとBinanceと提携

高速処理ブラウザのBraveブラウザがBinance(バイナンス)と提携すると発表した。Braveブラウザユーザーはブラウザ内のビルトインのウィジェットからビットコインなどの仮想通貨を購入、送金、受け取りができるプロダクトをローンチした。現在ローンチされているにはテスト版で4月には正式なプロダクトをローンチすることになっている。

0

GMOコインに上場したベーシックアテンショントークン(BAT)とは?

ベーシックアテンショントークンは既存のデジタル広告の広告主、ユーザー、クリエイターの関係を変える可能性のある広告です。ICO時に約30秒で38億円相当のトークンが完売したこととベーシックアテンショントークンが利用されるBraveブラウザの開発者がfirefoxの開発者であることが一気に認知を得ました。

0

セグウィット(segwit)とは?

仮想通貨のコミュニティで一度は耳したことがある。セグウィット(segwit)という言葉、聞いたことがあっても実際の意味が分かってなかったり、説明できないなんて方も多いのではないでしょうか?本記事ではセグウィットとは何かというのを簡単にまとめてお伝えします。

0

GMOコインがBATトークンの取り扱いを開始!

3月18日にGMOコインがBraveブラウザのリワードであるベーシックアテンション(BAT)トークンの取り扱いを開始した。
なおベーシックアテンショントークンは販売所で取り扱いがスタートしました。

0

日本のBraveクリエイターに朗報!Braveリワードが日本の資金決済法に準拠

次世代の高速ブラウジングブラウザBraveがニュースレターでBraveリワードを日本の法律に準拠した形で提供できるようになりました。従来だとupholdというアメリカに銀行口座を持っていないと換金、出金できない仕組みになっていました。日本在住のBraveクリエイターにとってはBraveを日本円で引き出すことが出来ず、リワードのメリットを享受しずらい仕組みでした。

0

高速ブラウザ、ブレイブ(Brave)がスポンサーイメージ広告をローンチ

1月15日に高速ブラウザ、ブレイブを開発しているBrave Softwareはスポンサーイメージ広告をローンチ
しました。スポンサードイメージはbraveブラウザのホーム画面(新しいタブを開いた際のページ)に表示されます。またこのプロダクトのローンチをきっかけに多くのユーザーがBraveリワーズの設定をオンにして、リワードを得るだろうと予想されます。

0

ハッシュレート(hashrate)とは?

ビットコインのマイニングでよく聞くハッシュレートについて解説します。ハッシュレートは採掘速度とも訳されビットコインのコードを操る速さを表します。
例えば、1GH/S(ギガハッシュパーセカンド)のハッシュレートとは一秒間に10の9乗倍のハッシュ計算ができるという意味になります。

0

ディフィカルティ(採掘難易度)とは?

ビットコインやアルトコインなどでよく聞くディフィカルティについて解説します。ビットコインのトランザクションはマイニングという作業によって承認されます。ディフィカルティとはそのマイニングの難易度のことを指します。

0