Google Search Consoleがアップデート!~ページスピードインサイトが見れるように!~ 19/11/04~

Googleは11月4日にSearch Console(サーチコンソール)の画面からページスピードのレポートから見れる機能を公開した。

Googleは2019年になってから、2月と5月にこの機能をチラつかせてきたが最初の発表から9ヶ月後の11月に無事機能をリリースした。

これらの公開は米国から始まるので日本在住のユーザーはSearch Console(サートコンソール)上でページスピードが見れるようになるのは少し先かもしれません。

新しいページスピードレポートはGoogle Chrome(グーグル クローム)からWeb閲覧のデータを抽出してそれぞれを自動でFast、Moderate、Slowにカテゴライズします。
またレポートは読み込みが遅くなっている原因もURLのグループ毎にまとめて特定してくれます。

読み込みが遅くなっているグループをクリックするとユーザーはGoogleのスピードインサイトツールの情報を見ることができ、サイトスピードの最適化をする情報を得ることができます。
読み込みが遅いページの原因だけでなく、読み込みが早いページのパフォーマンスも深掘りすることができます。

参照

https://webmasters.googleblog.com/2019/11/search-console-speed-report.html

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA