Tagged: ベーシックアテンショントークン

ビットフライヤーがベーシックアテンショントークンの取り扱いを開始!

国内最大級の仮想通貨取引所ビットフライヤーが2020年4月9日にベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを開始した。この取り扱いを記念して同社では2020年5月7日までキャンペーンを実施する。キャンペーンは期間中に400BAT以上、トークンを購入したユーザーの中から抽選で30名に10,000円をキャッシュバックするという内容だ。

0

BraveソフトとBinanceと提携

高速処理ブラウザのBraveブラウザがBinance(バイナンス)と提携すると発表した。Braveブラウザユーザーはブラウザ内のビルトインのウィジェットからビットコインなどの仮想通貨を購入、送金、受け取りができるプロダクトをローンチした。現在ローンチされているにはテスト版で4月には正式なプロダクトをローンチすることになっている。

0

GMOコインに上場したベーシックアテンショントークン(BAT)とは?

ベーシックアテンショントークンは既存のデジタル広告の広告主、ユーザー、クリエイターの関係を変える可能性のある広告です。ICO時に約30秒で38億円相当のトークンが完売したこととベーシックアテンショントークンが利用されるBraveブラウザの開発者がfirefoxの開発者であることが一気に認知を得ました。

0

GMOコインがBATトークンの取り扱いを開始!

3月18日にGMOコインがBraveブラウザのリワードであるベーシックアテンション(BAT)トークンの取り扱いを開始した。
なおベーシックアテンショントークンは販売所で取り扱いがスタートしました。

0

日本のBraveクリエイターに朗報!Braveリワードが日本の資金決済法に準拠

次世代の高速ブラウジングブラウザBraveがニュースレターでBraveリワードを日本の法律に準拠した形で提供できるようになりました。従来だとupholdというアメリカに銀行口座を持っていないと換金、出金できない仕組みになっていました。日本在住のBraveクリエイターにとってはBraveを日本円で引き出すことが出来ず、リワードのメリットを享受しずらい仕組みでした。

0

Brave(ブレイブ)がバージョン1.0をローンチ!

バージョン1.0以前の時点で世界中で8.7 millionの月間アクティブを誇っていたBrave。プライバシーとセキュリティの課題に注目が集まるにつれて、ユーザーは広告トラッキング、デバイスフィンガープリントなどを防止するプライバシー第一を掲げるBraveに頼るようになります。

0