CLS銀行とは? ~外為決済のリスク対策の銀行~

CLS銀行とは?

こちらもリップルを理解するために、コルレス銀行に続いて理解する必要がある機関なので情報をまとめるために投稿します。

CLS銀行とは

CLS銀行は外為取引決済の限られた目的にためにニューヨークに設立された銀行です。
世界の69の主要な金融機関に共同出資で設立しました。
外為取引を行う際のタイムラグで生じる決済リスク(ヘルシュタットリスク)を回避できるCLS決済を行うための銀行です。
CLS決済は売りの通貨と買いの通貨をタイムラグなくPVPという仕組みを利用しています。
*ちなみにCLSとはContinuous Linked Settlementの略で他通貨同時決済と訳されます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA