コルレス銀行とは ~海外の銀行と送金などの取引をする際に利用される銀行~

リップルを理解する上でコルレス銀行という言葉に打ち当たりました。用語集的にまとめていきます。
コルレス銀行は海外の銀行と送金などの取引をする際に利用される銀行です。

コルレス銀行を理解するには以下の2つステップを踏むと理解しやすいかもしれません。

  1. セトルメント、ペイメント、クリアリングの違いを理解する
  2. 国内の銀行間の送金を理解する
  3. 海外との銀行の送金を理解する

セトルメント(Settlement / 決済)とは

セトルメントとは実際にお金が移動する支払いを指します。現金での支払いが一番身近なセトルメントにあたります。

ペイメント(Payment / 支払い)とは

ペイメントはお金が移動しない支払いです。クレジットカードでの支払いがこれに該当します。私達がクレジットカードで支払いをした際にクレジットカードの支払いを受け付けたお店は決済日が来るまで支払われた額を受け取ることはありません。

クリアリング(Clearging / 精算)とは

上のペイメントの例で言うと、決済日にセトルメントをする必要があります。実際にセトルメントを行うためのプロセスをクリアリングと言います。

国内の銀行間で行われる決済システムは以下の順番で履行されます。

  1. ペイメント
  2. クリアリング
  3. セトルメント

国内で送金する場合のプロセスはどうなるのか?

ペイメント、クリアリングもセトルメントを理解した上で国内の送金がどうなっているのか見てみましょう。
Aさんが自分のメインバンクである、M銀行からBさんのメインバンクであるS銀行に送金する際のプロセスについて解説します。

AさんはM銀行にペイメントの依頼をかけます。M銀行は全銀システムという日本国内の銀行が加盟しているシステムに振込みの依頼をかけます。全銀システムがクリアリングしたのちに日銀の管理している日銀ネットにセトルメント依頼をかけることでBさんのS銀行に送金します。

これが国内の送金プロセスです。ここでのポイントは送金プロセスはその国の中央銀行(日銀システム)を通じて行われることです。では本題のコルレス銀行に戻り、どのようにコルレス銀行が機能しているか解説していきます。

コルレス銀行はどう機能するの?

コルレス銀行は海外送金する際に経由する銀行です。国内の銀行送金では日銀ネットが最終的にセトルメントをしますが、海外送金の場合は日銀にあたる機関がありません。その機能を果たすのがコルレス銀行です。AさんがM銀行を利用して米国のB銀行に送金する際は以下のようなプロセスになります。

・AさんがM銀行に送金を依頼する

・M銀行は米国の中央銀行に開設している口座がないので、口座を持っているC銀行にコルレス銀行として入ってもらい、C銀行経由でB銀行に振込みをしてもらう。

海外送金などの手数料が国内より高いのはこのように中継地点が増えてしまうことが原因で発生しています。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA