ディフィカルティ(採掘難易度)とは?

ビットコインやアルトコインなどでよく聞くディフィカルティについて解説します。ビットコインのトランザクションはマイニングという作業によって承認されます。ディフィカルティとはそのマイニングの難易度のことを指します。

ビットコインにおけるディフィカルティ(採掘難易度)とは?

ビットコインはプルーフ・オブ・ワークという仕組みでブロックチェーン内のトランザクションなどの記録を管理しています。このプルーフ・オブ・ワークはビットコインネットワークに参加するマシンの数独の早解き大会ような仕組みです。10分ごとに数独早解き大会が行われ、一番早く数独を解いたユーザーにビットコインがリワードして付与されます。数独を早く解く作業をマイニングと言います。

ディフィカルティ(採掘難易度)はこのマイニングの難しさの調整を指します。

ディフィカルティ(採掘難易度)とナンス(nonce)

便宜上、マイニングのことを数独早解き大会とお伝えしましたが、正確にお伝えするとマイニングはハッシュ値を見つけるためにナンス(nonce)と呼ばれる32bitの値を使用します。

ナンス(nonce)とは?

ナンスとはnumber used onceの略で一度使われる数値の略したものになります。上で数独速時大会と表現したマイニングですが、もう少し正確に言うと暗号技術で文字列に置き換えられた値(ハッシュ値)を探る競争となります。この際に利用されるのがナンス(nonce)です。つまり、マイニングとは正解のナンス(nonce)を探るための計算競争とも言えます。

現在では、asicなどのマイニングに特化した計算ハードウェアの登場により、正解のナンスを導き出すスピードが上がってきています。

ディフィカルティの目的は?

採掘難易度を調整する目的は採掘までの時間を平均10分にするためにおこわなれます。上でも述べたようにマイニングに特化したハードウェアの登場により、難易度調整は難易度を上げる方向で進んでいます。

現在のビットコインのディフィカルティは?

ディフィカルティは2週間一度、見直しがされてマイニングにかかる時間が平均10分なるように設定されています。この難易度調整のことをリターゲティングと呼びます。
初めてSatoshi Nakamotoが自身のビットコイン採掘した際のディフィカルティは1でしたが、現在(2020/1/2)は13兆を超えています。

現在のディフィカルティは以下のURLから確認していただけます。

https://bitinfocharts.com/comparison/bitcoin-difficulty.html

難易度調整すると何に影響がでるの?

以下の2つに影響が出ます。

マイニング(mining)

ディフィカルティが変化するとマイニング関連の会社が影響を受けます。難易度が下がる分には同じ電気代でより多くのビットコインのリワードを得られることができますが、もし難易度が上がる場合は電気代が上がり、リワードの獲得コストが増えてしまいます。

ビットコインの価格

約7%の難易度調整がされた際にはビットコインの価格に影響が出やすいと言われています。
難易度が上昇すれば、ビットコインの価格が下がり、難易度が下降すればビットコインの価格が上がります(後者はあまり見たことがありません。。)*。

*本当、投稿における仮想通貨の価格などに関する情報はあくまでも本サイト単体見解によるものであり、情報の真偽、仮想通貨の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。取り引きなどする際はご自身の自己責任でお願いいたします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA