セグウィット(segwit)とは?

セグウィットとは?

仮想通貨のコミュニティで一度は耳したことがある。セグウィット(segwit)という言葉、聞いたことがあっても実際の意味が分かってなかったり、説明できないなんて方も多いのではないでしょうか?本記事ではセグウィットとは何かというのを簡単にまとめてお伝えします。

セグウィット(segwit)の実装の背景

セグウィット実装のトリガーになったのは大きく分けて二つあります。
一つはスケーラビリティ問題です。ビットコインが有名になり取引の量、回数が増えていくにつれてデータの容量が問題になりました。ビットコインのブロックは1MBと制限があったからです。

二つ目はトランザクション展性の問題です。トランザクション展性はマウントゴックスのビットコイン盗難の原因になりました。電子署名の正当性を保ったままトランザクションを改ざんできるものです。

上の二つ経緯の問題を解決するために2015年にPieter Wuilleが電子署名の生成が大きなデータ浪費に繋がっていることを指摘しました(全体のデータ量の約65%)。彼のアイデアは、トランザクションから電子署名のデータを切り離す方法を方法でした。
結果、ビットコインのブロックのデータ量の制限が1MBから4MBに拡張するという方法でした。2017年8月にビットコインのブロックチェーンにセグウィットが実装されました。

ただビットコインがセグウィットを実装したのは2017年8月でしたが、ウォレットがその仕様をサポートしたのはもっと遅いタイミングでした。実際にコインベースがセグウィットをサポートしたのは2018年からでした。https://blog.coinbase.com/announcing-segwit-support-on-coinbase-4e51117857c7

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA